So-net無料ブログ作成
検索選択

六峰街道とはな恵の栗おはぎ [旅・散歩]

六峰街道を攻めようと思っていましたが、朝からあいにくの雨。でも屋根閉めて出かけます。

んで、延岡まで走って北方道路終点までいって六峰街道へ。序盤からグイグイ登ります。
3速だけでは足りず、2もいる!


んで、ETOランドとかいうあたりまで走ったころには雨も上がってきまして…




幻想的な風景…
IMG_3919.jpg




IMG_3921.jpg







たいがい標高の高い山奥の林道を走っているのですけれど、いきなり怪しいパオーンが。これ夜だったら
しょんべん漏らしてるはず。
IMG_3924.jpg







また雲海。いいねえ。高所恐怖症気味だから下界が見えないので怖くない。
IMG_3926.jpg






紅葉も地味ながらにいい。
IMG_3930.jpg


IMG_3932.jpg






六峰街道はこういう道でした。
IMG_3934.jpg


IMG_3936.jpg




こんな感じに広いところも結構あります。こんな標高でこんないい道とはなかなかやります諸塚村。
IMG_3940.jpg





モミジはいい
IMG_3948.jpg







すぐに霧が出てきたりする。
IMG_3950.jpg







木こりさんが活躍した後
IMG_3951.jpg






ワインディングロードです。この辺はもう六峰街道離脱して、県道50号。なぜ全線制覇せずに離脱したかといえば…
IMG_3952.jpg







そこに諸塚ダムがあったからです(笑)
IMG_3961.jpg





そんでR327まで降りてきた後、椎葉に向かって新しい松尾バイパスを走ります。
トンネル→橋→トンネルで標高を稼ぎダイナミック!
IMG_3965.jpg







旧道はずいぶん下です。岩屋戸発電所あたりですが、あの辺はもうどうしようもないくらい狭かった。
前からバスがきた日にゃ、バックで延々と下がらなければいけません。このバイパスはそういうところを含めると
相当の時間短縮に役立っているはずです。
IMG_3968.jpg






そんで、最後にご褒美のはな恵の栗おはぎ。最近は宮崎市の四季通りにも店舗が出来たので、
そこまで苦労せずに手に入ります。
IMG_3980.jpg


1回目
2回目
3回目
4回目
5回目

コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 8

どんた

四季通りに寄った際は、購入せずにはいられないエントリーですね。

uranさんのブログ見ましたと言えば、10%offでお願いしますw
by どんた (2011-11-24 00:19) 

uran

交渉しときます(笑)
by uran (2011-11-24 07:37) 

ジテツー

パオーンの自然公園とやらが気になります。
山奥だけにパオーンもいるはずもないし。門構えが怪しすぎます。
by ジテツー (2011-11-24 12:27) 

uran

http://promontory.cocolog-nifty.com/promontory/2011/07/post-0b24.html

出ました!開園待ちですね。
by uran (2011-11-24 12:54) 

やまだ

えっ!?
はな恵さん宮崎にお店ですか?
知らんかった・・・。


by やまだ (2011-11-24 12:56) 

uran

11月2日にオープンしたそうです。わたしも今回の購入したレシートに書いてあったので知りました。
あまり宣伝してないんですかね。
by uran (2011-11-24 21:56) 

あっちゃん39

もみじが真っ赤ですね。
山は、もう冬支度の景色なんですね。
日之影、諸塚、遠いですが、行ってみたいところです。

栗のおはぎ、初めて見ました、とても美味しそうです(^^♪
四季通り、お店を探しに行ってみます。
by あっちゃん39 (2011-11-25 09:33) 

uran

九州山地、道があまり良くなく国道265の時のように苦労するかもしれませんけれど、
この六峰街道は結構道も広くいいところです。
尾根伝いに道が走っているので見晴らしもいいですし。

ただしこれからは、積雪にご注意くださいませ。

個の栗きんとんと栗おはぎは岐阜の中津川の名産品で、
このお店の方も中津川で修行されたそうです。それに県産の
栗を使用しており、おいしさもひとしおという感じです。
お勧めの一品です。
by uran (2011-11-25 09:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。